win10 スタートメニューから「全てのアプリ」項目が消えた!

windows7からwindows10へ無償アップグレードして、ようやく10に慣れてきたと思っていた矢先に、システムドライブをクラッシュしてしまいました。しかも10のバックアップはまだ取っていなかった!
バックアップの大切さは忘れたころに痛感するもんですね。わかってるつもりが、数年おきに同じことをやってしまいます。(汗)

さいわい、win10へのアップグレード前に、win7のシステムイメージを取っておいたので最悪の事態は避けることができました。で、一つ目の難関は、無償アップグレード期間過ぎてからの再度無償アップグレードは可能なのか?という疑問です。一応、いったん無償アップグレードを行ってからwin10のライセンス認証を受けていれば、大幅なハードウエアの変更がない限り可能だというマイクロソフトのアナウンスは知っていたものの、実際やってみるまでは不安でした。が、結果的にはOK!

マイクロソフトのサイトから専用のツールをダウンロードしてwin10インストールメディアを作っておけば、有償、無償ともにインストールができます。イメージとしては、無償アップグレード時の作業と同じです。
DLサイト( https://www.microsoft.com/ja-jp/software-download/windows10

復旧作業にはかなり時間かかってしまいましたが、めでたしめでたし、と思ってたら・・・

win10
スタートメニューに「すべてのアプリ」という項目がない!
すぺてのアプリが最初から表示されされてる~~~

まぁ、そのほうが便利といえば便利やし、だからと言って問題があるわけではないけど、なんか気色悪い!
上手く復旧できなくて、何かの障害の前触れ?なんて思ってしまう。
で、必死に検索するけど対処法が見つからない。

よくよく調べてみると、

『 マイクロソフト社より、「Windows 10 Anniversary Update」が日本時間8月3日(水曜日)にリリースされた。 』  との事で、このアップデートによる変更点らしい!
手元のwindows10を起動できる他の端末を立ち上げても、変わってないので全く気付かなかったが、順次アップデートということでタイムラグがあるらしい。

なんだかねぇ・・・
お騒がせなアップデートでした。^^;

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です