cpuとストレージの換装で年代物のpc復活!

2011年11月にwinXP 搭載のデスクトップPCがお釈迦になってしまい急遽購入した低スペックながらリーズナブルなBTOパソコン、win7 → win10 にして使ってきましたが、さすがに低スペック過ぎて触るのが辛くなってきたため永らく放置してました。(^^;)

そこで、昨年(2019年)4月にこのpcのHDDをSSDに換装したところ、これが驚くほど速くなった(もともと遅すぎたのでそう感じた)のでしばらく使ってみたけど、やはり重めのグラフィック系アプリ等を使うと非力すぎて再び放置。(^^;)

元々非力なスペックなのでこれはいよいよ諦めて買い替えるか自作するか、なんて思案しながらノートPCで我慢してたけど、新型コロナで自宅に籠りっきりになってると暇つぶしが欲しい!
そこでなんとなく中古CPUの相場を調べてると、上位cpuがとても魅力的な価額相場になってるではないか!w(゚o゚)w

ま、10年近く経ってるので当然なんですけどね。(^^;)
元々がCeleron G530 なので、Core i7 あたりに換装するとそこそこ使えるのではないか?
ざっとリサーチしたところ、i7-2600 が5000円くらい。i5-2500 は1500円くらい。ということなのでコスパを考えて駄目元で i5-2500 を探してみたところ、i5-2500k を送料込みで1900円で入手できた。(^^)v

早速 cpu を換装してみたところ、けっこう良い感じじゃないですか。贅沢言わなければ未だしばらくは使えそうです。サクサクとまではいかないけど、ストレス溜まって触るの嫌ってことは無い。(笑)

約10年前のお爺ちゃんパソコンでも、SSDとたとえ第2世代のCore i5 でも、ビジネスユース程度ならまだまだ現役です。と言うことで復活!

作業の流れに関しては、他に詳しく書かれてる方が沢山いらっしゃるので今回は記載を割愛します。手抜きで失礼。(^^;)

 

Social Networking Service
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください