GraphicsSuite2 を64bit windows10 にインストールする

Windows95 で使い始めたアプリです。

当時のDTPは、Macで『Photoshop』『illustrator』と相場が決まっており、更にソフトもMac版が出てからWindows版が発売されるという状態で、PCでDTP作業する人はMacintoshとAdobeソフトでないと駄目みたいな時代でした。おまけにAdobeのソフトは高額過ぎて手が出ない。(T_T)

そんな時代にこの、『GraphicsSuite』は手ごろな価額でハイエンドな処理のできるDTPソフトウェアだったのです。でも Windows 環境でグラフィック作業する人口も少なかったので、結局このソフトの制作会社『MICROGRAFX』社は競合していたコーレルによって買収され、そしてアプリもコーレルが継続したのですがどうも自分とは相性が合わず、『CorelDRAW Graphics Suite』も手に入れたけどほとんど使わず現在に至っています。

Windows95~98~98SEから2000~XP~7~10とOSが変遷していく中、ずっと32bitアプリである『GraphicsSuite2』を使い続けてきました。軽くて使いやすいんですよね。
『CorelDRAW Graphics Suite』も良いアプリなんですがちょっとした作業には重くてあきません。そんな状況だったのでOSもずっと32bit版で通してきたのです。

しかし、さすがにもう32bit OSはしんどい。(^^;)
ということで、64bit Windows10 で他のアプリを嫌々使ってきましたが、やはりどうしても『GraphicsSuite2』を使いたい。『アホの一念』ですね。ついに64bit OSにもインストールしちゃいましたので、その方法を備忘録しておきます。

 

先ず、32bitアプリケーションはwindws10 64bit版でも動作するはずなんですが、『GraphicsSuite2』は32bitアプリなのにSETUP.EXEを実行してもこのようなエラーメッセージが出てインストールできません。

『GraphicsSuite2』のアプリケーション本体は32bitのはずですが、これをインストールするための『SETUP.EXE』は16bitのようです。なので実行できないのです。

SETUP.EXEファイルのアイコンにマウスポインターを合わせると上図のようなプロパティが表示されます。これは、InstallSheild Engine 3.0 でパッケージ化されたアプリケーションだという事が分かります。なのでこのエンジンで生成されたインストーラーには16bit コードが使われているのでwindows10 64bit では実行できないのですが、インストールさえ出来れば本体は動くはず。

で、グッグって行くと Nathan Toasty さんというエンジニアの web に辿り着き、この方が開発された 32bit 汎用インストーラが無償提供されていました。

このインストラー setup32.exeIs3Engine.zipをDLして解凍)を上記の SETUP.EXE の代わりに同じフォルダーに入れて実行すると無事にインストール完了!

あとは古いアプリなのでWindowsXPと互換するように Windows10 を設定すればほぼ問題無しのはずです。(どういう問題が起こるかは使ってみないと分からない)

 

ここで、おさらいを兼ねてお勉強しておきます。(^^;)

web @it より引用させていただきました。 第3回 アプリケーションの互換性 (1/3)

 

Social Networking Service
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  

cpuとストレージの換装で年代物のpc復活!

2011年11月にwinXP 搭載のデスクトップPCがお釈迦になってしまい急遽購入した低スペックながらリーズナブルなBTOパソコン、win7 → win10 にして使ってきましたが、さすがに低スペック過ぎて触るのが辛くなってきたため永らく放置してました。(^^;)

そこで、昨年(2019年)4月にこのpcのHDDをSSDに換装したところ、これが驚くほど速くなった(もともと遅すぎたのでそう感じた)のでしばらく使ってみたけど、やはり重めのグラフィック系アプリ等を使うと非力すぎて再び放置。(^^;)

元々非力なスペックなのでこれはいよいよ諦めて買い替えるか自作するか、なんて思案しながらノートPCで我慢してたけど、新型コロナで自宅に籠りっきりになってると暇つぶしが欲しい!
そこでなんとなく中古CPUの相場を調べてると、上位cpuがとても魅力的な価額相場になってるではないか!w(゚o゚)w

ま、10年近く経ってるので当然なんですけどね。(^^;)
元々がCeleron G530 なので、Core i7 あたりに換装するとそこそこ使えるのではないか?
ざっとリサーチしたところ、i7-2600 が5000円くらい。i5-2500 は1500円くらい。ということなのでコスパを考えて駄目元で i5-2500 を探してみたところ、i5-2500k を送料込みで1900円で入手できた。(^^)v

早速 cpu を換装してみたところ、けっこう良い感じじゃないですか。贅沢言わなければ未だしばらくは使えそうです。サクサクとまではいかないけど、ストレス溜まって触るの嫌ってことは無い。(笑)

約10年前のお爺ちゃんパソコンでも、SSDとたとえ第2世代のCore i5 でも、ビジネスユース程度ならまだまだ現役です。と言うことで復活!

作業の流れに関しては、他に詳しく書かれてる方が沢山いらっしゃるので今回は記載を割愛します。手抜きで失礼。(^^;)

 

Social Networking Service
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  

ThinkPad x201 Bluetoothが無効になった!

久しぶりにBluetooth対応のイヤホンを使おうとしたら、Bluetoothの設定ボタンが見当たらない。(・_・?)

不思議に思いながらデバイスマネージャーを確認するが、やはり無い

こうなると当然設定画面にもBluetoothのスイッチは、やはり無い!

どういうこと? よく分からないのでトラブルシューティングしてみる。

 

デバイスにBluetoothが搭載されてない』って、そんな訳ないねんけどなぁ… (^^;)
だって、ついこの前まで使えてたのに。(^_^; タラ~リ

ドライバーの問題か? それともデバイスの故障か? などと考えながらもいちおう情報収集しはじめてみると、レノボのサイトに見つかりました。

Bluetooth のトラブル解決策 – Windows 7, 8, 10魚拓

この機種はBluetoothをハード的にオフにする仕組みがあるんですね。知らんかったぁ~
そらなんぼ考えても分からんし、トラブルシューティング掛けてみてもOS(Windows)にも分かるはずがない。参りましたがひとつ賢くなりました。ということで忘れないうちに備忘録しておきます。

         Fn + F5

このショートカットでスイッチを呼び出せるのでした!(笑)

なるほど、Bluetoothはオフになってました。
ということで、このスイッチをオンにすると解決しました。(´▽`) ホッ

なぜこのような現象が起きたのか原因は分からないけど思い当たるのは、先日windowsの挙動がおかしかったので、windows10を上書きインストールしました。たぶんこれが原因かと… (^^;)

まぁ、いずれにしても復旧しました。(^▽^)

Social Networking Service
  •  
  •  
  •  
  •  
  •