楽天モバイルは使うな!

楽天モバイルの格安sim、データ通信は使い物になりません。

いくら安くても、繋がらなければ意味がない。

  

通勤時間帯のam08:00~09:00ごろや、お昼の時間帯などは、今迄から通信速度が遅すぎて制限がかかってるのかと思うほど遅かったが格安なので仕方ないと諦めていた。それでも繋がっていたので我慢できていた。しかし繋がらないとなるとこれは意味が違う。

しかも、昨日(8/18)などは昼過ぎても繋がらない。pm04:00過ぎにお昼とは別の場所で繋がったのでアクセスポイントのキャパか?などと深く考えなかったが、今日は昨夜は繋がっていた自宅でも朝から繋がらない。

サポートに電話すると、スマホのメーカーに相談して下さいなどと無礼な返答が返ってくる。
そちらで障害は出てないのか?と、しつこく食い下がると昨日の昼頃障害はありました。と認めるが、そのあと復旧してるのでやはりスマホのメーカーに問い合わせてください。と端末のせいにされる。ほんまに無礼極まりない!

 

今も確認してみるが、スマホのブラウザーを立ち上げると「オフライン」だと言われる!

Wi-Fiを利用すれば問題ないが、モバイルデータ通信では使い物にならない。

楽天モバイルは契約通信量を使い切らなかった場合、翌月に持ち越せるシステムになってるが、繋がらないのに使い切ることなんて出来るわけがない!

こんな最低のクオリティーで、いくら安いといえども料金をきっちり請求してくるとは、

楽天モバイルは詐欺会社

スマホのメーカーに問い合わせをさせて、時間稼ぎしてる間に復旧させるという作戦なんでしょう! 反社会勢力顔負けのえげつない内容の商売です。

恐るべし、楽天モバイル!(-_-#)

 

<追記:2017/08/19 20:10>

楽天モバイルの障害情報を調べてみたら上記の通り障害は発生していた。
電話サポートのオペレーターの案内とは少し違う。

「12時半ごろに障害はあったようですがすぐに復旧してますので、お昼以外に繋がらない事に関しては端末の障害が考えられるので端末メーカーに問い合わせてみてください。」
とのことやった。

実際、楽天モバイルのアナウンスでは、12:30発生で15:12復旧とある。
昨日経験した「通信障害」そのまんまやないか!

そう考えると本日の通信障害も楽天側の原因と考えるのが筋道だと思う。
もっとも、本日の障害に関しては今のところアナウンスは無いが遅れてるのか隠してるのかは分からない。いずれにしても、サポートの対応はカスタマーを舐め切っている!

これが、楽天モバイルという企業のスタンスと見た。凸(-_-)

 

OneDrive でExcel ファイルのみ同期できない

OneDrive、普段はバックアップ目的ぐらいでしか使っていないなので気付かなかったが、いつからかわからないが端末間での同期が出来ていない。調べてみるとどうやらExcelのファイルのみに不具合があるようだ。

1、webブラウザーで確認するとOneDriveへのアップロード、更新は問題なくできている。
2、別の端末で確認すると、ダウンロードはするが更新が反映されない。
3、txtファイルとwordファイルで確認すると、問題なく更新も反映される。
4、今現在確認できてるのはExcelファイルの更新のみ、端末間で同期されない。

Windows 10 Creators Updateが原因なのか、他のクラウドサービスのオーバーレイアイコンのレジストリーエントリーが問題なのか現在調査中ですが、たびたびトラブルがあって使えんサービスです。

officeとの兼ね合いなんかがあって有料サービスにも関わらず、マイクロソフトが推奨する割にはカスタマーサポートは整っていない。時間かけて調査するのがアホらしくなってくるので他のクラウドサービスに乗り換えるべきか悩んでしまいます。

もし対策法をご存知の方おられましたらご教授くださいませ。
よろしくお願いします。m(_)m

<2017/08/06 追記>
問題解決できました。

タスクバー右端のインジケーターにあるOneDriveのアイコンを右クリックして設定画面を出す。
Officeタブを選んで上記画面のチェックを外す。

officeとonedriveの使い方は人それぞれなので、各人に当てはまるかどうかは別だと思います。
私の場合、office2013を使用で、officeとonedriveは連携させていません。

syousuke

win10 レジストリのアクセス権を変える

クラウドストレージのオーバーレイアイコンが表示されなくなって原因を調べたら、オーバーレイアイコンの設定数が15に制限されているらしい。今やクラウドストレージのサービスは各社が出しているので、お試しやらなんやらで OneDrive や Dropbox をはじめ、今やなくなってしまったサービスを含めると相当数の設定が残っている。1社で複数の設定を使うので、15で足りるわけがない。当然オーバーしたものは設定が無効になってしまう訳だ。

ということで、オーバーレイアイコンのレジストリを整理したわけであるが、windowsか、アプリか、何が原因なのかは調べてないが、知らぬ間に削除したはずのレジストリが復活してしまう。そのため、制限数を超えたオーバーレイアイコンは表示されなくなる。その都度レジストリを触ってたわけなのであるが、今度はなぜか復活したレジストリの所有者が変わってしまっているのだ。そのせいでレジストリを編集できなくなってしまった。

レジストリ所有者が、「administrator」 から「 TrustedInstaller」になってしまった。
どうも、「 TrustedInstaller」は「administrator」よりも偉いようで、「 TrustedInstaller」がダメと言ってると「administrator」の権限では作業できないということのようなのです。

じゃぁ、「 TrustedInstaller」所有のファイルは編集することができないのか?
と、いうことで調べてみた。

要は、ファイル所有者を「 TrustedInstaller」から「administrator」に変えればいいわけで、そうすれば「administrator」権限で編集することができる。


以下にその方法を備忘録

レジストリエディタを起動。左側のツリービューで、アクセス権を変更するキーを選択。右クリックメニューから「アクセス許可」をクリック
HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Microsoft\Windows\CurrentVersion\Explorer\ShellIconOverlayIdentifiers

 

「(キー)のアクセス許可」ウインドウ

「administrator」を選んで「フルコントロール」にチェックを入れて「OK」をクリック

 

現状ではキーの所有者が「 TrustedInstaller」になってるので、「administrator」権限では拒否されるので、これから所有者を「administrator」に変更するために、もう一度、「(キー)のアクセス許可」ウインドウから「詳細設定」をクリックする。

 


「(キー)のセキュリティーの詳細設定」ウインドウ

変更前なので所有者は、「 TrustedInstaller」になってる。

所有者の「変更」をクリックする。

 

さらに「詳細設定」をクリックする。

 

そして「検索」をクリック

 

検索結果から「administrator」を選択して「OK」をクリック

 

選択するオブジェクト名を入力してください」の欄に「administrator」が表示されているのを確認して「OK」をクリックする。

 

所有者が「administrator」に変わってることを確認して「OK」をクリックする。

 

「(キー)のセキュリティーの詳細設定」ウインドウで、「administrator」を選び、「フルコントロール」にチェックを入れて「OK」をクリックする。

これで、アクセス権が「 TrustedInstaller」から、フルコントロールを許可された「administrator」に変わったので予定のキーを編集可能となる。

以上