カテゴリー別アーカイブ: Windows 10

OneDrive ファイルまたはフォルダーの同期が完了しない

OneDrive のオーバーレイアイコン(同期のステイタスを現す)の動作がおかしい!

同期フォルダーの内容はクラウドに同期されて通知領域のアイコンには「最新です」と表示されてるにも関わらず、同期フォルダーのオーバーレイアイコンは更新中の表示になる。
(・_・?)

今までこんなことなかったのに、本日(2018.04.14)PCを立ち上げるとOneDriveの動作がおかしくなっていた。詳しく検証してないがwindows10が強制的にアップデートする更新ソフトが原因と思われる。ちなみに検証のため暫く立ち上げてなかった別のwindows10マシンを立ち上げてみると、OneDriveの挙動はおかしくなる前の見慣れた動作だったのに、しばらく立ち上げっぱなしにしてると更新プログラムがアップデートされたようで、OneDriveの挙動は同じく狂ったものとなった。

OneDriveのアプリの設定を確認してみたり、再インストールしてみたりしてみたが改善策は見つからなかったので、原因となっているファイルがあるのではないかと当たりを付けて、問題の(同期中表示される)フォルダーの内容を一旦別フォルダーに移動させて原因を切り分けてみた結果、問題点が見つかった。

問題フォルダー内のサブフォルダーに問題を発見!
詳細理由は分からないが、そのフォルダーを新規に作り直してみると改善した。フォルダー名を変えた訳でもないので、文字変換されてない制御コード等が入っていたのかも知れない。(^▽^;)

②旧エクセルファイル(xls)を互換モードで開く必要のある環境で、なおかつそのファイルがパスワード保護されていたりするとアップロード完了していても、同期中表示されたままになるようだ。(.xlsx) ファイルに変換すると改善した。

③OpenOffice で作成したファイル(.odt)が同期フォルダーにある場合でかつ、OpenOfficeがそのPCにインストールされていない場合、そのフォルダーは同期されていても「同期中」表示のままになる。OpenOffice をインストールするかWord に変換すれば改善される。

おそらく他にも問題点はあるはずですが、自分のPC環境では今のところこの3点だけなのでひとまず解決です。便利なはずのクラウドストレージもこんなトラブルがあるようでは考えものです。しかも容量を増やして有料サービスとして利用しているだけにほんまにこれでええのか?って気分です。(-_-#)

毎度のことながら、windows10の更新プログラムには泣かされる。いくらセキュリティーが強化されても、使いたいときに使えないOSほど役に立たないものはない。パーソナルコンピューティング、もっとシンプルに使いたいものです。

 

OneDrive でExcel ファイルのみ同期できない

OneDrive、普段はバックアップ目的ぐらいでしか使っていないなので気付かなかったが、いつからかわからないが端末間での同期が出来ていない。調べてみるとどうやらExcelのファイルのみに不具合があるようだ。

1、webブラウザーで確認するとOneDriveへのアップロード、更新は問題なくできている。
2、別の端末で確認すると、ダウンロードはするが更新が反映されない。
3、txtファイルとwordファイルで確認すると、問題なく更新も反映される。
4、今現在確認できてるのはExcelファイルの更新のみ、端末間で同期されない。

Windows 10 Creators Updateが原因なのか、他のクラウドサービスのオーバーレイアイコンのレジストリーエントリーが問題なのか現在調査中ですが、たびたびトラブルがあって使えんサービスです。

officeとの兼ね合いなんかがあって有料サービスにも関わらず、マイクロソフトが推奨する割にはカスタマーサポートは整っていない。時間かけて調査するのがアホらしくなってくるので他のクラウドサービスに乗り換えるべきか悩んでしまいます。

もし対策法をご存知の方おられましたらご教授くださいませ。
よろしくお願いします。m(_)m

<2017/08/06 追記>
問題解決できました。

タスクバー右端のインジケーターにあるOneDriveのアイコンを右クリックして設定画面を出す。
Officeタブを選んで上記画面のチェックを外す。

officeとonedriveの使い方は人それぞれなので、各人に当てはまるかどうかは別だと思います。
私の場合、office2013を使用で、officeとonedriveは連携させていません。

syousuke

win10 レジストリのアクセス権を変える

クラウドストレージのオーバーレイアイコンが表示されなくなって原因を調べたら、オーバーレイアイコンの設定数が15に制限されているらしい。今やクラウドストレージのサービスは各社が出しているので、お試しやらなんやらで OneDrive や Dropbox をはじめ、今やなくなってしまったサービスを含めると相当数の設定が残っている。1社で複数の設定を使うので、15で足りるわけがない。当然オーバーしたものは設定が無効になってしまう訳だ。

ということで、オーバーレイアイコンのレジストリを整理したわけであるが、windowsか、アプリか、何が原因なのかは調べてないが、知らぬ間に削除したはずのレジストリが復活してしまう。そのため、制限数を超えたオーバーレイアイコンは表示されなくなる。その都度レジストリを触ってたわけなのであるが、今度はなぜか復活したレジストリの所有者が変わってしまっているのだ。そのせいでレジストリを編集できなくなってしまった。

レジストリ所有者が、「administrator」 から「 TrustedInstaller」になってしまった。
どうも、「 TrustedInstaller」は「administrator」よりも偉いようで、「 TrustedInstaller」がダメと言ってると「administrator」の権限では作業できないということのようなのです。

じゃぁ、「 TrustedInstaller」所有のファイルは編集することができないのか?
と、いうことで調べてみた。

要は、ファイル所有者を「 TrustedInstaller」から「administrator」に変えればいいわけで、そうすれば「administrator」権限で編集することができる。


以下にその方法を備忘録

レジストリエディタを起動。左側のツリービューで、アクセス権を変更するキーを選択。右クリックメニューから「アクセス許可」をクリック
HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Microsoft\Windows\CurrentVersion\Explorer\ShellIconOverlayIdentifiers

 

「(キー)のアクセス許可」ウインドウ

「administrator」を選んで「フルコントロール」にチェックを入れて「OK」をクリック

 

現状ではキーの所有者が「 TrustedInstaller」になってるので、「administrator」権限では拒否されるので、これから所有者を「administrator」に変更するために、もう一度、「(キー)のアクセス許可」ウインドウから「詳細設定」をクリックする。

 


「(キー)のセキュリティーの詳細設定」ウインドウ

変更前なので所有者は、「 TrustedInstaller」になってる。

所有者の「変更」をクリックする。

 

さらに「詳細設定」をクリックする。

 

そして「検索」をクリック

 

検索結果から「administrator」を選択して「OK」をクリック

 

選択するオブジェクト名を入力してください」の欄に「administrator」が表示されているのを確認して「OK」をクリックする。

 

所有者が「administrator」に変わってることを確認して「OK」をクリックする。

 

「(キー)のセキュリティーの詳細設定」ウインドウで、「administrator」を選び、「フルコントロール」にチェックを入れて「OK」をクリックする。

これで、アクセス権が「 TrustedInstaller」から、フルコントロールを許可された「administrator」に変わったので予定のキーを編集可能となる。

以上