windows10 アップグレードのお誘いが鬱陶しい

win10 up

windows10への無償アップグレードが、日本時間7/29までと迫ってきました。
しかし、無償アップグレード対象のPCでも、ドライバーの対応が出来てなくて実際windows10が満足に使えないPCもあります。わが家にも対象PCは5台ありますが、じっさいアップグレードしたくないPCもあり、アップグレードしないでそのまま運用したいものにとって、このwindows10へのアップのお知らせは鬱陶しくてたまりません。

この案内が始まった当初は、更新プログラム(KB3035583)を削除して、再び重要な更新に現れないよう更新プログラムの非表示設定すればよかったが、その後マイクロソフトはあの手この手で押し売りのごとく、GWX.exe (Get Windows 10(X))を復活させてきた。そのつど対応してきたが、流石にこのいたちごっこには疲れてしまい、半ばあきらめかけていた。どうせもうじき期限切れやしと・・・

Get Windows 10」を完全に殺す方法は幾通りかあるようですが、簡単に設定してくれるソフト(「Windows 10へのアップグレード抑止設定ツール」)がありました。あと1ヶ月少々の押し売り表示ですが、これで我慢せずにバイバイできます。詳しくは次のブログをご覧下さい。

「プログラマから見たWindows 10 番外編~Windows7/8.1からのアップグレードを抑制する方法」

 

<関連項目>
「Windows 10 無償期間が過ぎても無償アップグレードを維持する方法」

「Windows7のサポート期限はいつまで?2016年中に対策すべき2つの理由」

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です