作成者別アーカイブ: syousuke

syousuke について

PCが大好きなんですが、好きなだけで進歩についていけないオヤジです。

OneDrive ファイルまたはフォルダーの同期が完了しない

OneDrive のオーバーレイアイコン(同期のステイタスを現す)の動作がおかしい!

同期フォルダーの内容はクラウドに同期されて通知領域のアイコンには「最新です」と表示されてるにも関わらず、同期フォルダーのオーバーレイアイコンは更新中の表示になる。
(・_・?)

今までこんなことなかったのに、本日(2018.04.14)PCを立ち上げるとOneDriveの動作がおかしくなっていた。詳しく検証してないがwindows10が強制的にアップデートする更新ソフトが原因と思われる。ちなみに検証のため暫く立ち上げてなかった別のwindows10マシンを立ち上げてみると、OneDriveの挙動はおかしくなる前の見慣れた動作だったのに、しばらく立ち上げっぱなしにしてると更新プログラムがアップデートされたようで、OneDriveの挙動は同じく狂ったものとなった。

OneDriveのアプリの設定を確認してみたり、再インストールしてみたりしてみたが改善策は見つからなかったので、原因となっているファイルがあるのではないかと当たりを付けて、問題の(同期中表示される)フォルダーの内容を一旦別フォルダーに移動させて原因を切り分けてみた結果、問題点が見つかった。

問題フォルダー内のサブフォルダーに問題を発見!
詳細理由は分からないが、そのフォルダーを新規に作り直してみると改善した。フォルダー名を変えた訳でもないので、文字変換されてない制御コード等が入っていたのかも知れない。(^▽^;)

②旧エクセルファイル(xls)を互換モードで開く必要のある環境で、なおかつそのファイルがパスワード保護されていたりするとアップロード完了していても、同期中表示されたままになるようだ。(.xlsx) ファイルに変換すると改善した。

③OpenOffice で作成したファイル(.odt)が同期フォルダーにある場合でかつ、OpenOfficeがそのPCにインストールされていない場合、そのフォルダーは同期されていても「同期中」表示のままになる。OpenOffice をインストールするかWord に変換すれば改善される。

おそらく他にも問題点はあるはずですが、自分のPC環境では今のところこの3点だけなのでひとまず解決です。便利なはずのクラウドストレージもこんなトラブルがあるようでは考えものです。しかも容量を増やして有料サービスとして利用しているだけにほんまにこれでええのか?って気分です。(-_-#)

毎度のことながら、windows10の更新プログラムには泣かされる。いくらセキュリティーが強化されても、使いたいときに使えないOSほど役に立たないものはない。パーソナルコンピューティング、もっとシンプルに使いたいものです。

 

ubuntu ブートメニューを変更する

サポートの終了した windows XP ノートPCの活用法として、Linuxをインストールして使っています。

windows XP ノートPCに、ubuntu 14.04 LTS を後からインストールしたマルチブート環境では、デフォルトでubuntuが起動するようになります。

ブートメニューはubuntuがデフォルト

この時、windows XP を起動したい場合、5行目を選択しなければ10秒後には自動的にデフォルトのubuntuが起動します。

XPを使うことは無かったのでそれで問題は無かったのですが、最近XPを使う機会が増えてきたので少しこの起動方法に不便に感じるようになりました。そこで。デフォルトのOSを変えてみることにしました。その方法の備忘録です。

 

作業内容は、
① grub.cfg(grub設定ファイル)の内容を参考に、デフォルトに設定したいOSの記述名を抽出する。
② grubメニューファイル(grub)のデフォルトOSをその名前で書き変える
③ そのメニューファイル(grub)から新しい設定ファイル(grub.cfg)を作成する。

 

① grub.cfg(grub設定ファイル)の内容を参考に、デフォルトに設定したいOSの記述名を抽出する。

emacs /boot/grub/grub.cfg
ターミナル起動後、テキストエディタ(emacs)で、/boot/grub/grub.cfgを開らく

 

「windows」等で検索してみる

 

デフォルトにしたいXPが検索ヒットする。

 

‘Microsoft Windows XP Professional (on /dev/sda1)’
図のように「’」を含めて選択コピーする。

これで、OSの記述名
‘Microsoft Windows XP Professional (on /dev/sda1)’
抽出完了。

 

 

② grubメニューファイル(grub)のデフォルトOSをその名前で書き変える

テキストエディタでgrubメニューを編集するため、コマンドラインに sudo emacs /etc/default/grub と入力。
sudo(root 権限)なのでパスワード入力が必要。

 

GRUB_DEFAULT=0 ←この行の0を削除して、さきほどコピーしたXP名をペーストする。

 

上記のように、デフォルトにしたいOS名をペーストし終えたらメニューファイル(grub)を保存終了する。

※この時点で0を ‘Microsoft Windows XP Professional (on /dev/sda1)’ に書き変えず、4 としてもメニューの5行目がデフォルトに設定されるので同じ結果にはなるが、ubuntuのアップデート時にカーネル変更などがあった場合、メニューの行数が増える事があるのでその時点で編集し直す必要がある。

※ちなみにその下3行目
GRUB_TIMEOUT=10 ←これはデフォルトOSの起動が始まるまでの時間(秒)
10 を任意に書き換えることで短縮することなども可能。

 

③ そのメニューファイル(grub)から新しい設定ファイル(grub.cfg)を作成する。

sudo update-grub
update-grubを実行することで、grub設定(grub.cfg)ファイルが更新される。

注意 : update-grub を実行しないと変更はgrub.cfgに反映されない。

 

以上で、PCを再起動すると現れるgrubメニューは次のようになります。

5行目のXPがデフォルトに設定される

 

 

楽天モバイルは使うな!

楽天モバイルの格安sim、データ通信は使い物になりません。

いくら安くても、繋がらなければ意味がない。

  

通勤時間帯のam08:00~09:00ごろや、お昼の時間帯などは、今迄から通信速度が遅すぎて制限がかかってるのかと思うほど遅かったが格安なので仕方ないと諦めていた。それでも繋がっていたので我慢できていた。しかし繋がらないとなるとこれは意味が違う。

しかも、昨日(8/18)などは昼過ぎても繋がらない。pm04:00過ぎにお昼とは別の場所で繋がったのでアクセスポイントのキャパか?などと深く考えなかったが、今日は昨夜は繋がっていた自宅でも朝から繋がらない。

サポートに電話すると、スマホのメーカーに相談して下さいなどと無礼な返答が返ってくる。
そちらで障害は出てないのか?と、しつこく食い下がると昨日の昼頃障害はありました。と認めるが、そのあと復旧してるのでやはりスマホのメーカーに問い合わせてください。と端末のせいにされる。ほんまに無礼極まりない!

 

今も確認してみるが、スマホのブラウザーを立ち上げると「オフライン」だと言われる!

Wi-Fiを利用すれば問題ないが、モバイルデータ通信では使い物にならない。

楽天モバイルは契約通信量を使い切らなかった場合、翌月に持ち越せるシステムになってるが、繋がらないのに使い切ることなんて出来るわけがない!

こんな最低のクオリティーで、いくら安いといえども料金をきっちり請求してくるとは、

楽天モバイルは詐欺会社

スマホのメーカーに問い合わせをさせて、時間稼ぎしてる間に復旧させるという作戦なんでしょう! 反社会勢力顔負けのえげつない内容の商売です。

恐るべし、楽天モバイル!(-_-#)

 

<追記:2017/08/19 20:10>

楽天モバイルの障害情報を調べてみたら上記の通り障害は発生していた。
電話サポートのオペレーターの案内とは少し違う。

「12時半ごろに障害はあったようですがすぐに復旧してますので、お昼以外に繋がらない事に関しては端末の障害が考えられるので端末メーカーに問い合わせてみてください。」
とのことやった。

実際、楽天モバイルのアナウンスでは、12:30発生で15:12復旧とある。
昨日経験した「通信障害」そのまんまやないか!

そう考えると本日の通信障害も楽天側の原因と考えるのが筋道だと思う。
もっとも、本日の障害に関しては今のところアナウンスは無いが遅れてるのか隠してるのかは分からない。いずれにしても、サポートの対応はカスタマーを舐め切っている!

これが、楽天モバイルという企業のスタンスと見た。凸(-_-)