Android デバイス マネージャー

AndroidDeviceManager_pc

スマホってガラ携のようにストラップを付けて使うことがない。
まぁ、見栄えもスマートでいいけどひも付きでないだけに落としやすい。
落下で壊してしまうのは致し方ないとしても紛失は困る。
紛失時用に各キャリアではそれなりのセキュリーティーシステムをオプションで用意しているようですが多分すべてが有料。それでなくてもスマホの利用料金は高額なのに、これ以上オプションを積み上げて、ブラックな携帯電話業界にお金を落としたくない。(-_-;

と言うわけで、スマホをリモートで探せるというGoogleの公式サービス 『Android デバイス マネージャー』 を使ってみました。Android2.2以上に対応しているようです。

スマホを紛失した時に、PCでスマホの現在地を探し出すという前提で。(別のスマホからでも可能)

アプリ一覧  Google設定  Android Device Manager

先ず、紛失する前に、スマホ側から設定を済ませておきます。

アプリ一覧から 『Google設定』 を起動

Android デバイスマネージャー』 を選択

リモートでこの端末を探す』 と 『リモートでのロックと出荷時設定のリセットを許可する』 共ににチェックを入れる

Googleの位置情報設定
そしてもういちど、 『Google設定』 から 『位置情報』 を選択し、

位置情報へのアクセス』 にチェックを入れ
現在地送信機能』 をONにする

GPSがOFFになっているとスマホを探すことができないので、必ずONにする!
PCから 『Android デバイス マネージャー』 にアクセスすると、設定済みのスマホがすでに登録されています。下の図に示したとおり、スマホの現在地の表示、スマホの呼び出し音の鳴動、スマホのパスワードロックの設定、スマホのデータの初期化、これらの操作をPCから行うことができます。

ちなみに、PCからの 『Android デバイス マネージャー』 へのアクセスには、スマホと同じGmail アドレスを使用する必要があります。

AndroidDeviceManager_pc_char

この無料のサービスはけっこう使えます。
家の中や、職場でスマホをどこに置いたか分からなくなった時など、リモートでスマホの呼び出し音を鳴動させればすぐに発見!

ただし、キャリアが通話圏外の場合はリモートが効きません。GPSを受信できない場合も当然スマホの現在地を特定できません。でも、とても便利なサービスなのでお勧めです。

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です